屋根勾配伸び率表

尺貫法 分数 水平伸び率 隅棟 水平 隅棟 流れ
1寸5分 1.5/10 1.011 1.422 1.406
2寸 2.0/10 1.020 1.428 1.401
2寸5分 2.5/10 1.031 1.436 1.393
3寸 3.0/10 1.044 1.446 1.385
3寸5分 3.5/10 1.059 1.457 1.375
4寸 4.0/10 1.077 1.470 1.365
4寸5分 4.5/10 1.097 1.484 1.353
5寸 5.0/10 1.118 1.500 1.342
5寸5分 5.5/10 1.141 1.517 1.330

屋根の高さと斜辺

  • 建物の屋根に勾配がある場合、水平距離と勾配が解れば、屋根の高さと斜辺が容易に割り出せる。
  • 尺貫法勾配の範囲内であれば、関数計算することなく、高さと斜辺が計算できる。屋根勾配確認定規が必要?
  • 水平距離:15m、勾配:5/10=0.5...この場合の屋根部分の高さは、15×0.5=7.5mになる。
  • 斜辺の長さは、15×1.118(勾配伸び率)=16.77m...
  • この1.118の比率は、5/10の図を描き斜辺の寸法を測り、斜辺を底辺で割った割合(四捨五入):勾配伸び率
  • ご利用の際は、計算確認されて下さい。


勾配伸び率図 3.0寸 3.5寸 4.0寸
伸び率寸法図
(実測値)
勾配伸び率
(斜辺/底辺)
1.044 1.059 1.077
尺貫法勾配 4.5寸 5.0寸 5.5寸
伸び率寸法図
(実測値)
勾配伸び率
(斜辺/底辺)
1.097 1.118 1.141

屋根勾配伸び率図

  • 屋根勾配伸び率は、上図の様に底辺の長さに対する斜辺の長さの比率を算出したものです。
  • 屋根実面積を出す場合の勾配伸び率は、斜辺の長さ÷底辺の長さの比率。
  • 4.5寸勾配の屋根勾配伸び率は、1,097÷1,000=1.097 になります。


屋根実面積の計算例

建築面積

屋根伏せがある建築(延べ)面積

軒出面積

建築面積より突出している屋根部分

屋根投影平面積

建築面積+軒出面積

屋根実面積

屋根投影平面積×勾配伸び率

勾配伸び率

底辺(水平)の長さに対する斜辺の長さの比率(斜辺/底辺)

屋根実面積算出の計算式

  • 上記寄棟屋根の場合、「建築面積+軒出(500)面積」=屋根投影平面積になります。
  • 屋根実面積算出の計算式:屋根投影平面積×勾配伸び率(水平長さに対して)=屋根実面積 
  • 屋根投影平面積(150.000 m2)・勾配(5寸)の計算例 :
    150.000 × 1.118 = 167.700 m2
  • 屋根実面積:167.700 m2


垂直高さの求め方

垂直高さの求め方

  • H = W x 少数勾配
  • W=8.0m、少数勾配=0.45 の高さ:H
  • H=8.0 x 0.45 = 3.6m

  • 屋根勾配角度換算表

    尺貫法 分数 角度(°) 尺貫法 分数 角度(°)
    1寸5分 1.5/10 8.5308 6寸 6.0/10 30.9638
    2寸 2.0/10 11.3099 6寸5分 6.5/10 33.0239
    2寸5分 2.5/10 14.0362 7寸 7.0/10 34.9920
    3寸 3.0/10 16.6992 7寸5分 7.5/10 36.8699
    3寸5分 3.5/10 19.2900 8寸 8.0/10 38.6598
    4寸 4.0/10 21.8014 8寸5分 8.5/10 40.3645
    4寸5分 4.5/10 24.2277 9寸 9.0/10 41.9872
    5寸 5.0/10 26.5650 9寸5分 9.5/10 43.5312
    5寸5分 5.5/10 28.8108 矩勾配 10.0/10 45.0000

    ご利用の際は、計算確認されて下さい。

    • arctan{b/a}: tan-1(測定値/測定長さ)=θ で求められた数値(角度)には、補正が必要かもしれない?

    参考情報:外部リンク

    4/10=0.4(4寸勾配): 0.4 inv tan-1 :
    0.4を入力しinv tan-1選択 21.801409486 = 21.8014°

    ダウンロード

    ページのトップへ戻る