LANケーブルを作る
RJ45圧着工具を使って




なぜケーブルを作るの? 買ってくれば?

ちょうど良い長さの物が欲しい

狭いところを通す必要がある

大量の場合は安い(こともある)

修理する場合

数が足りない

失敗の可能性もある

準備するもの

ケーブル(必須)

コネクタ(必須)

圧着工具(必須)

ニッパ-(必須)

カッター (あれば便利かも)

テスター(欲しいけど持っていない)

ストリッパー(買ったけど使ってない)

左上から

ケーブル
コネクタ


右上から、

圧着工具
ストリッパー
カッター
ニッパー
テスター

RJ45コネクタ

(8ピンモジュラー:ISO8877)

作成
では、作ってみましょう!

適当な長さにケーブルを切る

欲しい長さにケーブルを切ります。

外側の被覆をはがす

一番外側の被覆をはがします。約1CM程度です。
剥がし足りないとうまく固定できません。
剥がしすぎると断線などのトラブルの原因になります。
専用のストリッパーを使うと、ちょうどよい長さになります。

より対線をならべる

より対線をほぐして、色の順番に並べます。橙白、橙、緑、青白、青、、緑白…です。
橙、橙白、緑、緑白、青…ではありませんので注意。間違っても動いてしまうのですが。均一

長さを切り揃える

並べた上で、再度切り揃えます。これは、コネクタに差し込んだときに
均一に入るようにするためです。
こうしないと、導通しない部分ができたりします。

コネクタに挿入する

このときに、並べた順番がばらばらにならないよう注意しましょう。
ちょっと緊張します。

確認する

きちんと先端まで入っているか、並びがおかしくなってないか確認します。

圧着する

圧着工具にコネクタを差し込んで、ぎゅっ、ぎゅーっと締めます。

これで完成

基礎知識

LAN(10/100BASE-T)の基礎知識を少し 100mまで。 ケーブルによる部分もありますが、基本的には100m以下です。
それ以上の場合は、途中にリピーター(HUB)を入れるか、光などを使いましょう。

LANケーブルの構成

RJ45って?(8ピンモジュラー:ISO8877)

ケーブルの種類

カテゴリ 用途 備考
1 音声
2 低速の通信 音声 ISDNなど
3 10Mbpsまでの通信 音声 10-BASET
4 16Mbpsまでの通信 あまり聞かない、見かけない
5 100Mbpsまでの通信 10・100BASE-T用

順番

ピン 1 2 3 4 5 6 7 8
T568A1 白/緑 白/橙 白/青 白/茶
T568B 白/橙 白/緑 白/青 白/茶

番号 信号 色(例)
1 +TD 橙白
2 -TD
3 +RD 緑白
4 未接続
5 未接続 青白
6 -RD
7 未接続 茶白
8 未接続

TDは送信、RDは受信  おわかりのように、LANでは1、2、3と6のピンだけが使われます。(ISDNでもRJ45のコネクタを使った  ケーブルを用いますが、このときは3,4,5,6ピンを使います。)

ストレート&クロス

>

ISDNの配線との違い


参考文献

ページのトップへ戻る